歯を白くする歯磨き粉

歯の黄ばみの原因はステインにある!

あなたは笑った時などに自信をもって歯を見せることができるのでしょうか?

 

ニコッと笑った時に見える白い歯はそれだけであなたの印象を爽やかにしてくれますが、
逆に笑った時に見える歯が黄ばんでいたらどうでしょうか?

 

他の人で想像するとわかると思いますが、あまりいい印象を持てないでしょう。

 

「この人ちゃんと歯を磨いているのかな?」
「きっとだらしない生活をしているんだろうな・・・」

 

歯が黄ばんでいるだけでこのような印象を与えてしまうかもしれません。
私生活もきちんとしていて歯もちゃんと磨いているのにこのような印象になってしまうのは損ですよね。

 

しかし、毎日しっかりと歯を磨いているのに歯が黄ばんでいるという人は意外と多いのです。
そして、こういった人の歯の黄ばみになっているのが歯の表面の汚れである「ステイン」なのです。

 

よくテレビのコマーシャルでもステインクリアという言葉を聞いたことがあると思います。
このステインが歯に付着することで着色汚れとなり歯が黄ばんでしまうのです。

 

このステインというのはクリーニングやホワイトニングをしなくても比較的簡単に落とすことができます。
普通の歯磨き粉では難しいかもしれませんが、最近では自宅でできるホワイトニングケアとして
歯の着色汚れを落としてくれる歯を白くする歯磨き粉が人気になっています。

 

美容ジェルやホワイトニングジェルと言われたりもしますが、こういった歯を白くする歯磨き粉は
ステインによる着色汚れはもちろん、長年に渡って歯にこびり付いた喫煙によるヤニ汚れや
加齢が原因によって起こる象牙質の変色による黄ばみにも効果のある商品があります。

 

当サイトではそういった歯を白くする歯磨き粉の人気商品をランキングでご紹介しています。
もしあなたが自分の歯を白くして第一印象をアップしたいのなら参考にしてくださいね。

歯を白くする歯磨き粉の人気ランキング

ちゅらトゥースホワイトニングは歯の黄ばみ、着色汚れを浮かせて落とすことができるホワイトニングジェルです。医薬部外品なので使い続けることで歯を白くする効果が認められている商品です。

 

(※歯を白くする歯磨き粉、ホワイトニングジェルの中には医薬部外品ではない商品もあります)

 

 

ですので、安心して利用することができるというのはもちろんのこと、歯の黄ばみを落とすだけではなく再付着を防いでくれるという効果があるので白い歯を長く保つことが可能です。

 

 

実際にホワイトニングやクリーニングなどで歯を白くしたという人でも日頃のメンテナンスとしてこのちゅらトゥースホワイトニングを利用している人は多くいます。

 

 

私自身もホワイトニングジェルではこのちゅらトゥースホワイトニングを使い続けているのですが、歯の着色汚れを落とすだけではなく、歯茎や歯周病、口臭予防といった効果も期待できます

 

なので歯科医の定期健診でも着色だけでなく、歯茎の状態を褒められるようになりました。

 

他にも同じような効果を得ることができる医薬部外品のホワイトニングジェルはありますが、
その中でもコストパフォーマンスが高いという点が私が利用している理由でもあります。

 

ですので歯を白くする歯磨き粉を探しているという方はまず最初にこのちゅらトゥースホワイトニングを
使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

>>>ちゅらトゥースホワイトニングのWEB通販はコチラ<<<

 

 

インターネット通販で3秒に1個売れていると販売実績を持ち、歯を白くする効果も高く人気になっているのがトゥースメディカルホワイトEXです。

 

トゥースメディカルホワイトEXの凄いところは歯を白くする成分です。
特許取得成分であるウルトラメタリン酸EXが歯の着色汚れを強力に浮かせて落としてくれます。

 

このホワイトニング効果は10年以上も溜まったヤニによる沈着汚れも落とす程です。

 

汚れを浮かせて落とす力は強力なのですが、削ったり、溶かしたりするわけではないので安心して使うことができます。

 

実際にメタリンホワイトニングという方法が審美歯科などでも採用され始めていますが、このメタリンという成分は食品添加物として使われているほど極めて安全な成分です。

 

もちろん発泡剤や研磨剤などの成分は一切使用していません

 

現役の歯科医が愛用し、患者さんにも勧めている程安全性は高い商品ですし、歯を白くするという点でみてもウルトラメタリン酸EXは薬用成分のメタリン酸ナトリウムの5倍ものホワイトニングパワーを持っています

 

ただ汚れを落とすだけではなくしっかりとコーティングをしてステインの再付着を長時間防いでくれるので
使い始めれば黄ばみにくくなる歯にすることもできるんです。

 

さらに14日間の全額返金キャンペーンを実施しているので初めて利用する人でも
この保証があることで安心して始められるというところが大きなポイントです。

 

大人気商品なので在庫状況少なく、すぐに手元に届かないのがちょっと難点です。
(大体3日後から発送される分だと在庫も確保できると思います。)

 

ネット通販でセット購入や特典付きでお得に購入することができますよ。

 

トゥース

 

>>>トゥースメディカルホワイトEXのWEB通販はコチラ<<<

 

 

 

 

製薬会社が開発をして美容歯科のホワイトニング法として人気になっているのが薬用パールホワイトプロEXプラスです。

 

数々の人気雑誌にも取り上げられていて若い女性を中心に人気になっています。

 

この薬用パールホワイトプロEXプラスの特徴はホワイトニング効果に加えて薬用成分が追加されたことで歯周病予防や殺菌効果がさらにアップしていることです。

 

薬用パールホワイトプロEXプラスになってから追加された新成分のリンゴ酸やフィチン酸には歯周病の温床と言われているバイオフィルムを浸透殺菌したり歯茎を健康的にするという効果もあるので白さだけではなく歯や歯茎の健康という面でも支持されています。

 

歯を白くする効果としては薬用パールホワイトプロEXプラスに含まれている成分は歯の内部に浸透する力がとても高いので加齢によって起こるエナメル質の内側の象牙質の変色までも本来持っている白さに変えられる程だと言われています。

 

利用者の口コミでは早い段階で効果が実感できるという声が多かったです。

 

注目するべきは45日間という長い返金保証期間が付いていることです。
初回購入限定なのですがたっぷり長い時間をかけて商品の良し悪しを判断することができるので
初めての購入でも安心して始めることができるでしょう。

 

ネット通販ではお得なキャンペーンや割引情報などが盛りだくさんです。

 

 

>>>薬用パールホワイトプロEXプラスのWEB通販はコチラ<<<

最近のホワイトニングは削らず溶かさず浮かせて落とす!

これまで歯を白くする歯磨き粉というと研磨剤を使用した歯磨き粉が多くありました。
研磨剤を使用することで歯の表面を削って汚れを落とすという方法です。

 

実際に歯医者さんに行って歯のクリーニングをすると研磨成分を吹きかけて歯の表面の
汚れを落とすという機械もありますし、それなりのホワイトニング効果もあります。

 

しかし、研磨剤を使うことで歯を守るエナメル質まで削ってしまったり、削った部分にできた
細かい凹凸には着色汚れが再付着しやすくなってしまうというデメリットがありました。

(一度研磨剤を利用するだけでエナメル質が無くなるというわけでもありませんし、
歯科医のクリーニングでは歯にできた凹凸を仕上げで綺麗にしてくれます。)

 

巷ではレモン汁やお酢を使って歯の表面を溶かして白くなったように見えるだけという
方法がありますが、これは実際にはまったく白くならないデタラメな方法です。

 

削ったり溶かしたりする方法というのはその時だけを見れば特に大きな支障はありませんが
長い目で見ると歯の健康にも関わってくるのでできることなら避けたほうがいいでしょう。

 

今注目されているのは歯に付着した着色汚れを浮かせて落とすという方法です。
そういった成分が歯とステインの間に入り込み汚れを剥がしてくれるイメージです。
この方法であれば削る必要も溶かす必要もなく安心して続けることができますし、
歯の健康にも影響がないので誰でも始めることができるのです。

 

本格的にホワイトニングをすると歯の本数などにもよりますが5万円程度の費用が必要になると言われていますが、
歯を白くする歯磨き粉を使えば、その費用も通院にかかる時間も大幅に減らすことができます。

 

もしあなたが白い歯を手に入れたいと思っているのなら自宅ケアから始めてみてはいかがでしょうか?

歯を白くするスポンジって何?

歯を白くするスポンジがあるということをご存知でしょうか?
よくお掃除をする時なんかに使われるメラミンスポンジですね。

 

100円均一なんかでも売られているのですが歯を白くする専用の
スポンジも最近は楽天市場なんかで売られています。

 

普通に売られているメラミンスポンジと歯専用のメラミンスポンジでは
何が違うのかというとこれはあくまでも推測ですが通常のメラミンスポンジよりかは
研磨能力が抑えられて作られているのではないかと思います。

 

というのもメラミンというのはスポンジになっているとわからないかもしれませんが、
メラミン樹脂という非常に硬い素材で作られています。

 

その硬い素材で歯の表面を削ることで汚れを落とすというわけです。
ですので一定の歯を白くする効果は期待することができます。

 

しかし、歯の表面を削って白くするという方法に関してはその削れた表面には見た目にはわからない凹凸ができるということなので黄ばみが再付着しやすいですし、エナメル質が削れるとその内部の象牙質の黄色い色が透けて見えることによって歯の色自体は黄色がかってみえることにもつながります。

 

何よりも歯の健康に悪影響を及ぼす可能性もあるのです。
例えば知覚過敏になったり、虫歯の進行が早くなったりということです。

 

もちろん一度使っただけでこのような悪影響が出るということは考えにくいですが、継続して使うとなると考慮しなければいけないことであるのは間違いありません。

 

歯を白くするスポンジは基本的に使い捨てになりますのでそれを考えるとコストパフォーマンス的にはあまり良いとは言えないでしょう。

 

一時的に歯を白くする方法というのはたくさんありますが、一度白くした歯が永遠に白いままであるということはないので続けていくという点も考えてどのような方法が自分にとって向いているのか考えることも重要でしょう。

 

参考サイト


海外で主流な歯を白くする方法

黄ばんだ歯を白くしたいという思いは当然、我々日本人だけではありません。
世界のどこの国の人でも出来ることなら歯は白いままでいたいと思っている人がほとんどではないでしょうか。

 

むしろ、海外では歯のホワイトニングはもちろん、矯正なども含めて歯への関心は日本よりも遥かに高いと言えます。

 

 

一昔前は就職の際に歯の白さというのは重要な要素だったと言われています。
歯が汚いと家柄や生活習慣を疑われてしまうのです。
また、日本では可愛い象徴となることがある八重歯も、海外では吸血鬼の歯ということですぐに矯正するのが当たり前となっています。

 

 

そんな海外の人たちの間で歯を白くするということの主流となっているのはホームホワイトニングということになります。

 

 

最初に専用のマウスピースを作ってしまえば歯医者などに通うことなく自宅で歯を白くすることが出来るものとなります。
基本的には歯磨き粉のようなホワイトニング剤を使用して歯を白くすることになります。

 

 

種類も多く販売されておりどのホワイトニング剤においても即効性が高いということが特徴となります。
一部は日本でも販売が認めれており販売されているものも出てきているようです。

 

 

また、ホワイトニング用品としてシールを貼ってホワイトニングできるというホワイトニングテープというものも普及しています。
ただし、気をつけたいのは日本では販売許可が下りていないものも多くあり、使用することで知覚過敏になってしまう人なども出ているようですので個人輸入などで購入する人は気をつけておきたいものです。

 

その他のデメリットとしてはホームホワイトニングはマウスピースをした状態で一定の時間(2〜3時間)は物を食べたり飲んだりすることができないという点があります。

 

日本ではまだあまり普及している方法ではありません。
というのも日本では歯科医院に通ってホワイトニングをするオフィスホワイトニングや、自宅で行うのであれば手軽に始められるホワイトニングジェルの人気が高いからです。

 

費用は初回のマウスピース製作や薬剤に2万円〜3万円、その後は薬剤のみの購入になりますが、大体5千円〜1万円というのがホームホワイトニングにかかる費用の相場となっています。


研磨剤で歯を白くするデメリット 

一般的に歯をケアするということになると歯磨きをするということがメインとなるのではないかと思われます。

 

そんな歯磨き粉の多くには研磨剤というものが含まれています。
研磨剤は歯磨き粉の中に入っていることにより歯を白くしてくれる効果が期待できます。
着色している歯の色素を研磨剤が落としてくれるという働きを行ってくれるのです。

 

 

最近の歯磨き粉は歯を白くするという宣伝文句の元に販売されているものが多く目立ちますが、歯を白くするということは粗めの研磨剤が多く含まれているということを意味していることに等しいということになるのです。

 

粗めの研磨剤は確かに色素を落としてくれますが歯のエナメル質を剥がしてしまう可能性があり、歯を傷つけてしまう可能性も高いということになります。

 

研磨しすぎると逆に色素沈着が起こりやすくなるということもわかっており、虫歯になる可能性も増えるとも言われています。
研磨剤はホワイトニングには大きな効果がるものの、このようにデメリットも色々と考えられるものなのです。
研磨剤が粗いものは注意が必要なのです。